HaniwaFactory [Blog版]

Amazonで検索:
<<Kindleストア ベストセラー>>

スポンサーサイト

はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | ▲TOP

南瓜の種

はてなブックマーク - 南瓜の種

旧友ピヨミーヨ様から、南瓜をもらった。
北海道産の南瓜を丸ごと2個。(+とうもろこし4本)

ドーンとやってきた見事な南瓜、恐らく品種はえびすかぼちゃ。
普段やらないことをやってみようと
1玉全て使って南瓜羊羹を作成してみた。
レシピはこのサイトのものを使用。
http://plaza.rakuten.co.jp/naosc/diary/200508260000/


旦那に好評。
翌日、たまたまウチに旦那の友人A氏、B氏が来たので
薦めてみたら、これもまた好感触。
特にA氏は「この自然な甘みを表現した云々・・・」と
あまりに難しすぎて細かい言い回しを忘れてしまったが
酔っ払いながら海原雄山の口調でコメントを連発していた。

※話題から逸れるが、うちの旦那は『美味しんぼ大好きな人』で
かつて職場では名の通った人であった。
結婚して分かったのだが、旦那の友人もみんな『美味しんぼ大好きな人』だった。
言葉の端々に海原雄山の名台詞が飛び出すので、そろそろ私も読破しておかねばなるまいと思う今日この頃。
類は友を呼ぶとか朱に交わればなんとやら。
“美味しんぼ”が分からない人はここをクリック


南瓜の話を続けます。

とにかく旨いのは良かったのだが南瓜1玉にもなると
南瓜のマッシュ900g+水400ccを考えただけでも≒1.3キロの南瓜羊羹
になるのを軽く考えていたんだからいけない。

1週間かけても夫婦2人だけでは食いきれない量の羊羹なので
次回はもう少し後先考えようと思った次第。


さて、本題に入ります。
南瓜羊羹を作るにあたって、気になるものがあった。
大量に残ってしまう南瓜の種。

普段、スーパーで買ってくる南瓜なんて農薬が怖いものだから
かなりの勢いで皮落として種も捨てているのでございますが
(化学物質が含まれる場合、皮と種は含有量が多めになったはず)
送られた南瓜なら食ってもいいかもしれないぞと。

自らの手で、南瓜の種を炒って食ってみたくなったのだ。



ワタから種を救出したら綺麗に洗って、平たいザルに広げて乾燥させる。

よく乾かすと種の周りのヌメリがオブラート状の透明な膜になってはがれるので
種をよくもんで剥がれた膜を吹き飛ばす。
(参考サイト)

フライパンで炒ってみる。

これで出来上がった炒りたての種を
試しに、旦那の友人が来ている時に出してみた。
つやつやして茶色い綺麗な種である。
旦那の友人A氏、B氏、旦那、私の4人で食ってみた。

・・・・硬い。

思っていた種となんか違う。
旦那の友人B氏、旦那、私は3~4粒食べて確認した後
『うーん、香ばしいね』というコメントの後、フェードアウト。
あまりの食い心地の悪さに閉口気味だったのかもしれない。

しかし、羊羹を海原雄山式に褒めてくれた旦那の友人A氏は
『リス~リス~♪』
と、げっ歯類の動物の名前をうわごとのようにつぶやきながら
妙に硬くて飲み込めない種を5~6粒まとめて口に含み
ぼりぼり食っては咳き込んでいた。
『いやー、田舎に住んでる人が何で健康なのかがよく分かるね』
と言いながら、種をぼりぼり食っては咳き込んでいた。
酔っ払いを装いながらも、気を遣って下さったのかも知れない。
『リス~リス~♪』

噛み砕いても噛み砕いても
なんだか木屑を食べているような感じで全然飲み込めないのだ。
こんなものを出してしまったのを多少申し訳なく思いつつ
自分含めて全員酔っ払ってるので、まぁいいかで片付けた。

翌日、一人でもう一度南瓜の種を向き合ってみた。
よく考えてみると、お店で売ってる南瓜の種って・・・
こんな茶色じゃないよな。もっと深緑。

試しに外側の種皮を歯でパキっと割ってみた。
中から種の本体が出てくる。
妙に薄くて深緑の種が出てくる。

あ!!これじゃん!お店で売ってるの!

それから、1時間ばかりかけて
外側の硬い種皮を歯で割って中身の食える部分を取り出す作業を行った。
堅すぎて指ではとても割れないからだ。
ものすごく疲れた。
とんでもなく疲れた。
ありえないくらい疲れた。
売ってる南瓜の種ってこんなに手間かかってんのか!!

種皮を割って取り出した美味しい部分は
今日、ハンバーグの種に混ぜて焼いてきました。
美味しいなあ。
取り出すのが大変だったから、余計に美味しいなあ。


そう思ったんだけどね。
これまでの経緯をまとめるにあたっていろいろネットで調べてみたらね。

ちゃんと種を食べるようの品種があるんですって!!
http://www.muratasystem.or.jp/~takeda/arakaruto.html

誰が悪いというわけではない。
つーか、食べる部分じゃない種皮まで他人に食わせた私が一番悪いと思う。
わかってる、分かってるんだ。

だがな、なぜかな。
騙された気分になっているのは。
スポンサーサイト

【2005/09/20 00:00 】 | 節約術? | トラックバック(0) | ▲TOP


| HOME |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。