HaniwaFactory [Blog版]

Amazonで検索:
<<Kindleストア ベストセラー>>

スポンサーサイト

はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | ▲TOP

早稲田「すず金」でウナギを食べる。

はてなブックマーク - 早稲田「すず金」でウナギを食べる。

早稲田に所用があって、夫と共に出向いた。
早稲田といったら「すず金」なのである。
07-03-10_13-40.jpg
夏目漱石が通ったという、3代続く老舗のウナギ屋。
家族で店を切り盛りしている昔ながらの落ち着いた店である。

うなぎ / すず金 - livedoor 東京グルメ
すヾ金

建物を建て替えてたため、半年以上休業してたのだが
昨年9月からの再開後なかなか行く機会がなく、
やっとこ食いに行けたのだ。

ウナギが無くなり次第、営業終了のスタイル。
土曜日だと昼間の2時にはウナギ売り切れで閉店なのである。
土曜の夜に営業してるの見たことないよ。

味は上品。タレはアッサリめ。
1500円でこの味なら最高だと夫は言う。私もそう思う。

「すず金」で向かう道、歩きながら夫と話す。
『生まれた子供、何歳くらいになったらウナギ食べに行けるのかな?』と。
私は子供の頃、ウナギは少々苦手だったのだ。
なぜか骨が喉に刺さって毎回食べるのが苦しくて。
でも、タレの染み込んだご飯は好きでウナギは残す勢いだった。
夫:「確かに蒲焼のタレご飯だったら、子供は大好きだろうなぁ」
なんて話していたら店に着いた。

いつも1500円の鰻重を頼む。
+100円でゴハン大盛にしてもらえるので、夫は大盛を注文。
しかし、店の人が間違えた。夫の鰻重は普通のご飯量だった。
テーブルに置いた時点で、運んできた若奥さんが気づき
『少々お待ちくださいね』と言い残して厨房へ。

ん?お重が交換か??と、夫と行く末を見守っていると
やがて若奥さんがやってきた。
お盆の上には、お椀に入ったウナギのタレゴハン。
テーブルに置かれた、ウナギのタレゴハン。

07-03-10_13-39.jpg

さすがにこれは、夫と2人で吹き出した。
店の若奥さんは『ごめんなさいね、すいませんね』とひたすら謝るが
夫は「いや、むしろこっちの方がいつもより量多いしいいですよ。」

店に来る前に夫と話していた『子供が大好物な蒲焼のタレご飯』じゃないか!!!
私はホントに、ただただゲラゲラ笑っていた。

というわけで、テーブルの上がこうなった。
07-03-10_13-40~01.jpg
夫には、山盛りのタレご飯付き。

いやぁ、久々に食ったけど旨かったよ。

ちなみに、昼にウナギでたっぷりカロリー取ったし
夫は「米食いすぎて全然腹が減らん」とのこと。
夕飯は質素に納豆と米だけ食ったよ。(私は納豆のみ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

【2007/03/21 09:03 】 | 料理のハナシ | トラックバック(0) | ▲TOP

<<前の記事:3月12日の弁当・夕飯-淡々とUP。|>>次の記事3月10日の朝飯-もちイチゴ。




トラックバック

トラックバックURL
→http://haniwafactory.blog28.fc2.com/tb.php/1989-7ec82d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲TOP


| HOME |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。