HaniwaFactory [Blog版]

Amazonで検索:
<<Kindleストア ベストセラー>>

スポンサーサイト

はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | ▲TOP

アレルギーの人はどんな備えが必要?というお話。

はてなブックマーク - アレルギーの人はどんな備えが必要?というお話。

まず先に書いておかねばならないのは、私自身そして家族にも重篤なアレルギーを持つ人間が居ないということです。花粉症と原因不明の蕁麻疹はいくらでもあるんだけど。

「そういえば、アレルギーの人ってどうするんだろう?」

という疑問を持ったので、ネットで調べたことを書いています。某化粧品通販のお茶石鹸で重篤な小麦アレルギーになった話なんてちょっと前にはあったしね。

---------------------------------------

まず、自治体レベルでの非常食備蓄でアレルギーの扱いはどのようになっているのか。検索しても明確な回答をしている自治体はほとんど見つけられなかった。
災害用非常食のアレルギー対応について [よくある質問] | 大府市

これは毎日新聞の記事。2011年4月24日の記事だったので、元のリンクがもう無くなってしまってるんですが・・・。
東日本大震災:食物アレルギーの子、被災地からSOS - 毎日jp(毎日新聞)
東日本大震災:食物アレルギーの子、被災地からSOS

 アレルギー対応食品の備蓄や受け入れ態勢の不備は、過去の大地震の際にも指摘されてきたが、反省は生かされなかった。東日本大震災発生以降、アレルギーの子を持つ母親らで作る患者会には、被災地からのSOSが次々と入っている。

 ◇対応食、支援物資にまぎれたまま
 「盛岡アレルギーっ子サークル・ミルク」(盛岡市)の藤田美枝代表(27)は震災発生直後、刻々と伝えられる沿岸部の被害状況に居ても立ってもいられず、全国の患者会で作る連絡会にメールを送り、被災地の患者への支援を求めた。

 藤田さんは、各地の患者会から集まった支援物資を岩手県の窓口に届けたり、県の窓口あてに送ってもらったりしたが、10日後に県の物資集積所を訪ねると、支援物資は積まれたままだった。「ニーズがない」との理由で配送されていなかったのだ。藤田さんが「食物アレルギーの患者は一定の割合でいる」と説明すると、県の担当者は「把握するだけの余裕がない」と答えたという。

 藤田さんは「避難所でよく配られるカップ麺やパン、卵などは、アレルギーの子どもは食べられない。アレルギーのない人は待てば足りない物が来るが、アレルギーの子どもに必要な物は待っても来ない。行政側の支援やルール作りが必要だ」と訴える。

 藤田さんらとともにアレルギー患者への支援活動を行う「エコ・ライス新潟」(新潟県長岡市)の豊永有マネジャーは「アレルギー対応食の備蓄があった名古屋市から仙台市に送られたアレルギー対応食が、一般の支援物資に紛れて行方不明になった」と指摘する。「現地の集積所でさんざん探したが、結局、見付けられなかった」という。受け入れ態勢を整えていた仙台市ですら混乱があったようだ。

 阪神大震災などで支援経験がある「アレルギー支援ネットワーク」(名古屋市)は、藤田さんら現地の患者会と協力しながら岩手、宮城、福島の3県で計10カ所に拠点を設置。避難所にポスターを張り、困っている食物アレルギー患者の掘り起こし作業を続けている。自前の備蓄や、依頼に応じた企業からの提供食品を供給しているが、「患者会だけではマンパワーに限りがあり、たくさんのボランティアの助けで運営できているのが現状」(同ネットワーク)という。【林由紀子、片平知宏】

 ◇自治体で備蓄に格差
 毎日新聞が都道府県と政令市計66自治体に取材した結果からは、食物アレルギーを持つ人に対応するための備えを巡り、自治体間で大きな格差がある現状が浮かぶ。

 アレルギー対応食品の備蓄で多いのは、アルファ米だ。東日本大震災で被災した仙台市はアルファ米約38万食、アルファ米のおかゆ約1万4000食分を備蓄していた。新潟市はアルファ米約900袋に、アレルギー対応の菓子約50袋、乾パン約120缶などを備蓄している。埼玉県のように「現物の備蓄はないが、協定を結んだ業者から必要な時に提供を受ける『流通備蓄』で対応する」という自治体もあった。

 近い将来、南海地震の発生が懸念されている高知県は、アルファ米を10年度から5年で計7万500食(年間1万4100食)備蓄する。担当者は「南海地震の想定避難者数の1日分の20%に当たり、市町村の備蓄では賄い切れない分を用意する」と説明する。

 アレルギー対応の粉ミルク・食品を備蓄している愛知県は、県と全市町村の備蓄食料のアレルギー対応状況をホームページで公開している。「あらかじめ情報を出しておけば、各自でどれだけ備えればいいかを考え、準備してもらえる」との理由からだ。

 一方、大半の自治体はアレルギー対応の備蓄をしていない。その理由はさまざまだ。神戸市は「アレルギー対応食を確保する予算がない」。山口県や北九州市は「賞味期限が短いので備蓄していない」としているが、通常の乾パンなどと賞味期限の変わらないアレルギー対応食品もある。

 京都府は「市町村からの要請があれば総合的に検討する」という。東海地震の発生が懸念される静岡県は「住民用の備蓄は市町村の担当。県の備蓄は職員向けなので、アレルギー対応は考えていない」と説明した。

 被災した際に、支援物資としてアレルギー対応食品が届いた場合の受け入れ態勢や配布の仕組みがあるのは5自治体しかなかった。その一つの仙台市の担当者は東日本大震災発生後の対応について、「倉庫で保管する際、アレルギー対応食品とそれ以外を分けて保管し、ニーズのある避難所へ送っている」と説明する。

 仙台で支援を行った新潟市は「担当者にはアレルギー対応の粉ミルクなどを持参させ、避難所の受付に張り紙をするなどして周知を図った。今後、新潟が被災した場合も同様の対応を取る」と話す。北九州市は「避難所などにアレルギーの人がいればニーズを聞き、流通備蓄の協定を結ぶスーパーやコンビニなどに発注する」と説明した。

 国は自治体のアレルギー対応食品の備蓄状況について把握すらしていない。総務省消防庁は「災害対策として備蓄を進めるよう呼びかけているが、備蓄の品目や量については自治体に任せており、指示する権限もない。アレルギー対応食品について特別な対応を取る予定は今のところない」としている。【樋岡徹也、福永方人】
(以上、記事全文引用)

アレルギーや持病のために制限食をしている人向け非常食の備蓄は格差が激しいらしい。食べられる物が制限される人は自衛しかない、という現状。仕方ないことなんだけど、家で備蓄しても家が全壊して食料取り出せなかったら・・・などと考え出すと不安は尽きないもんである。アナフィラキシーショックは命に関わるからな。

先ほどの記事にも出てきたNPO法人のサイト。アレルギーを持つ人向けの防災情報がよくまとまっている。
NPO法人アレルギ-支援ネットワーク
東日本大震災への支援活動の報告や、普段の備えについてのアドバイスをまとめているコンテンツは一読をオススメしたい。
NPO法人アレルギ-支援ネットワーク 東日本大震災

---------------------------------

日本小児アレルギー学会が作成したパンフレット。
日本小児アレルギー学会 - 災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット
避難所において生活を共にする人に向けて、アレルギーがどのようなものであるか理解を促す目的で作られたもの。炊き出しの煙がぜんそくの発作の引き金に、とかお風呂に入れない環境で汗によってアトピーが悪化することとか、身近にそれらの疾患を持っている人が居ないと気づけないことが色々書いてある。なるほど。

-------------------------------

こんな記事も。アレルギーを持つ家族同士が連絡を取り合い、いざという時には除去食など必要な物資を届ける共助の輪を広げようという試み。

食物アレルギー児家族で「共助の網」 被災時、除去食届け合う | 静岡新聞
食物アレルギー児家族で「共助の網」 被災時、除去食届け合う(2012/10/29 09:00)
 食物アレルギーのある子どものため、県内の家族会が震災に備えて助け合うネットワークの構築を進めている。東日本大震災の被災地では、アレルギー因子を除いた食品(除去食)が不足し、外部からの救援にも時間がかかった。家族会は日ごろからの地域での連携が重要だと指摘している。

「みんな大変...」と遠慮 震災教訓に
 東日本大震災の発生直後、東海4県の家族会でつくる東海アレルギー連絡会(名古屋市)は被災地に入って避難所に除去食を届ける活動を展開した。除去食のニーズは多く、支援は被災後の半年間で120件を超えた。
 当初はニーズの把握に時間を要した。食物アレルギーのある子どもは2~5%程度の割合で必ずいるが、会員が避難所を回って要望を尋ねても、家族は名乗り出なかった。
 各避難所に物資提供のポスターを張ると、遠慮気味に除去食を求める家族が現れ始めた。患者らの口から聞かれたのは「みんな大変なのにアレルギーなんて言えない」の声。ほこりを避けたり除去食を求めたりして転々と移動する家族も多かった。
 現地で活動した浜松アレルギー連絡会の足代智志さん=浜松市北区=は「支援を求める方法が分からず、空腹や症状を我慢する人が目立った。事前に家族間のつながりがあれば、早期に救えた人は多かった」と振り返る。
 教訓を生かし、東海アレルギー連絡会は会員同士の“共助の網”の構築を進めている。大規模な災害で連絡が取れなくなった場合も、加盟する約20団体が互いに物資を届け合う体制を目指す。
 浜松アレルギーの会は浜松市内の約20家族が参加。各自で10日分程度の除去食や薬の備蓄を徹底したほか、他市の家族とも連携し、同様の症状がある患者間で物資を分け合う仕組みを整えた。市に働きかけ、既に市内避難所約200カ所での除去食の備蓄も完了している。足代さんは「誰に何が必要か、把握されていれば迅速な支援が可能」と強調する。
 ただ、県内では全国組織と連携した家族会があるのは浜松、静岡の2市だけ。共助の体制や行政の取り組みにもばらつきがある。
 全国組織「アレルギー支援ネットワーク」(名古屋市)は昨年、家族会がない地域にも支援の輪を広げようと、インターネット上に「アレルギーっ子の防災ネットワーク」を設立した。連絡先や症状、必要な物資などを誰でも無料で登録でき、緊急時には簡単なメッセージを発信するだけで物資が届く。災害時に専門医を派遣する日本小児アレルギー学会も「重篤化の恐れのある患者を把握するためにも事前登録を」と呼び掛けている。
 登録などの問い合わせは同ネットワーク〈電052(485)5208〉へ。

薬、除去食なければ… 「すぐに命の危機」
 県内のアレルギー専門医のグループが今年2月、県内の食物アレルギー児がいる44家族に対し、薬や除去食の必要性に関するアンケートを実施した。アナフィラキシーショックの発症経験がある重度アレルギー児の家族のうち、約半数が「薬がなければすぐに命の危険が生じる」と回答し、非常時への危機感を抱いている現状が示された。
 専門医5人が診察時などに調査した。震災で避難生活を強いられたと想定。薬がなく除去食以外を誤食した場合、アナフィラキシーショックのある子ども31人のうち15人が「命の危険がある」、11人が「救急受診の危険がある」と答えた。薬がある場合も5人が「命の危険がある」と答え、早期の受診の必要性を訴えた。
 調査した浜松医科大の福家辰樹医師は「重度アレルギー児は環境の変化や食事の変化が命の危機につながりうる。医師が早期に対応する仕組み作りが必要」と話している。
(以上、記事全文引用)

------------------------

大鵬薬品のコンテンツ。東日本大震災で被災したアレルギー疾患のある子供の対応を実際に行った、宮城県立こども病院総合診療科の医師による災害時への備えなどのまとめ。
med.taiho|アイピーディ|BreathLet Vol.5 Special Feature 災害時に備えたアレルギー疾患への対応
分かりやすいです。

------------------------

最後に、Twitterでの生の発言も含めたまとめ。
被災地での食物アレルギー問題《わがままじゃない!》 - NAVER まとめ
アレルギーへの配慮を口に出すことが『わがまま』と受け止められることへの恐怖。

------------------------

ただの情報の羅列になってしまったけれど、とにかく安全な今この瞬間に備えておくということの大切さを痛感する話である。

アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)
アレルギーはなぜ起こるか―ヒトを傷つける過剰な免疫反応のしくみ (ブルーバックス)斎藤 博久

講談社 2008-01-22
売り上げランキング : 143823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議 (ブルーバックス) 新・現代免疫物語 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 (ブルーバックス) アレルギーのふしぎ アレルゲンは合体してパワーアップする?食物アレルギーはなぜ子供に多い? (サイエンス・アイ新書) アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫) HSPと分子シャペロン (ブルーバックス)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:防災グッズ - ジャンル:ライフ

【2013/01/09 00:00 】 | 地震怖いヨ! | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲TOP

<<前の記事:1月8日の昼飯|>>次の記事1月7日の夕飯


comments

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

▲TOP

<<前の記事:1月8日の昼飯|>>次の記事1月7日の夕飯




トラックバック

トラックバックURL
→http://haniwafactory.blog28.fc2.com/tb.php/5232-30ed9005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲TOP


| HOME |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。