HaniwaFactory [Blog版]

Amazonで検索:
<<Kindleストア ベストセラー>>

スポンサーサイト

はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | ▲TOP

速水もこみちの裏技「コーヒー用ミルクを生肉につけて焼くと肉が固くならない」が本当だった件

はてなブックマーク - 速水もこみちの裏技「コーヒー用ミルクを生肉につけて焼くと肉が固くならない」が本当だった件


テレビでもこみちが料理にオリーブオイルどばどばかけながらステーキ作ってたんだけど、ステーキ肉にコーヒー用ミルク(小さい容器に1回分入ってるコーヒーフレッシュ)を塗り込んで10放置すると焼いても肉が柔らかいと言ってた。

マジで。本当に?確かめたいぞ。というわけで焼きすぎるとパサパサになる鶏むね肉にその裏技やってみた。

本当だったよ。

「追いオリーブオイル」で笑ってばかりで申し訳なかった、もこみち。アンタ凄いよ。

鶏むね肉1枚を一口サイズに切ってから、ハーブソルト・ガーリックパウダー・コーヒー用ミルク2つ分、全部ビニール袋に入れてモミモミしてから10分放置。その後、肉と野菜炒めて蟹缶汁ごと入れて片栗粉でとろみ付けたような料理作ったのがこの画像。

息子@4歳児も食べやすい固さ・ジューシーさの肉である。

いつも鶏むね肉は重曹水に付けて1日かけて柔らかくしているが、重曹処理ほどのぷりぷりさは無い。

コーヒー用ミルクは肉の風味を残しつつ、パサパサにはしない良い意味での微妙な加減に仕上がる裏技だった。料理の味付け邪魔しないのもいいし10分で処理が済むのでガンガン使えそう。

食品添加物の作用だと思いますけど。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/04/29 16:02 】 | トモトモニッキ記録系 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲TOP

<<前の記事:キャンディちくわ、略してキャンちく|>>次の記事バザーに出す手作り品、簡単に作れるものメモ(その2)


comments

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

▲TOP

<<前の記事:キャンディちくわ、略してキャンちく|>>次の記事バザーに出す手作り品、簡単に作れるものメモ(その2)




トラックバック

トラックバックURL
→http://haniwafactory.blog28.fc2.com/tb.php/5331-5fad1d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲TOP


| HOME |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。