HaniwaFactory [Blog版]

Amazonで検索:
<<Kindleストア ベストセラー>>

スポンサーサイト

はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | ▲TOP

TBSの徳川埋蔵金発掘番組と、日テレの「TVムック謎学の旅」で見た『かごめかごめ』の謎の話と。

はてなブックマーク - TBSの徳川埋蔵金発掘番組と、日テレの「TVムック謎学の旅」で見た『かごめかごめ』の謎の話と。

子供の頃、毎回放送を楽しみにしていた番組の1つが、糸井重里ナビゲーターによる「徳川埋蔵金」である。大橋巨泉がやっていた「ギミア・ぶれいく」という番組の1コーナーだったが、回を重ねるごとに盛り上がり、最後はスペシャルとして放送されていた記憶がある。

新聞のテレビ欄で「今日は徳川埋蔵金がやる!!」と知ると、夜9時からテレビの前で正座していた。

探偵ファイル~山口敏太郎の怪奇探偵~/徳川埋蔵金 掘り続けた男/木之下秀彦

大体、あの番組の凄いところは何億円もかけて山一つを掘り起こす勢いで大発掘をやった後、何も出てこなくて。最後の最後の最終回でナビゲーターの糸井重里が

『私達は負けました。』

って言って片付けたところだ。負けました!!!!勝ち負けだったのかこれ!!!!一体何に負けた!!!って白目になったのを、子供ながらに覚えている。他にも色々と糸井重里が喋っていたとは思うのだけれども、コピーライターって凄いなぁと今でも思う。あの印象に残る一言。っていうか、あの一言以外覚えていない。「私達は負けました」。まさにGimme a break。もし、あの「徳川埋蔵金」がDVD化されるなら買いたいところである。史上最強の無駄遣いにも思えるあのただの土木工事企画。今風に言い換えるなら『埋蔵金あるある詐欺』とでも言えばいいのだろうか。それでも毎回放送が楽しみで仕方なかった。あの、糸井重里から醸し出される独特の説得力は一体何なのか。彼が「あるとしか思えない」と言葉を発すれば、なんだか本当に埋蔵金がそこに埋まっているんじゃないかと胸がドキドキしてくる感覚は、今考えても不思議で仕方ない。

そんな、つたない記憶を掘り起こしながら最近の『徳川埋蔵金』関係はどの程度なのかとネットで調べてみると、当時ほどではないにしろ都市伝説としては今もまだ健在のようである。

徳川埋蔵金とゴールドが眠る日本 - 世界の裏

いかにも都市伝説である。色んな人が色んなこと勝手に言う。このサイトに記述してある「かごめかごめ」が徳川埋蔵金のありかを指し示す暗号であった、という説は同じくらいの時期に日本テレビで放送していた「TVムック・謎学の旅」で詳しく特集されていたことを鮮明に覚えている。

謎学の旅を覚えていますか - 瀬田 葉月の「南の島の静謐な日々」 - Yahoo!ブログ

謎学の「かごめかごめ」は映像も音楽もちょっと怖くて、わりと覚えている人が多いらしい。私もその1人。

最近、このような都市伝説を扱う番組は「やりすぎコージー」くらいしか思いつかないのだけれど、あれは芸人がうるさすぎて見る気がしない。薄っぺらい喋りと芸人がやたら目立つロケだけでなくて、かつての徳川埋蔵金プロジェクトのように本気で大金つぎ込んで社運をかけて無駄遣いするプロジェクトとか、謎学の旅みたいに妙な説得力を醸す作りで内容が例え都市伝説であったとしても知的好奇心を刺激される錯覚に陥るような、あんな番組がもう一度見たい。

と思う、三十路です。

あ、調べたら2000年に年越し埋蔵金発掘やっていたそうでwwwwwwwwwwwwwwwwww
ほぼ日刊イトイ新聞 -ヘルメットをかぶった経済番組をご一緒に。

糸井重里は凄いよなぁ。私が「矢野顕子の音楽が好きだ」という多くの理由の1つに、糸井重里作詞の曲の存在がある。言葉の使い方、やっぱり凄い。

あるとしか言えない―赤城山徳川埋蔵金発掘と激闘の記録あるとしか言えない―赤城山徳川埋蔵金発掘と激闘の記録
糸井 重里

ニッポン埋蔵金伝説 あたえられるか否か 徳川埋蔵金120年目の挑戦 [DVD] 全国「隠し財宝」完全マップ (廣済堂文庫)

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2014/04/15 00:00 】 | トモトモニッキ妄想系 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲TOP

<<前の記事:香山リカ「リカちゃんのタンゴ」|>>次の記事奈良寮子「父ちゃんどこさ行った」


comments

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

▲TOP

<<前の記事:香山リカ「リカちゃんのタンゴ」|>>次の記事奈良寮子「父ちゃんどこさ行った」




トラックバック

トラックバックURL
→http://haniwafactory.blog28.fc2.com/tb.php/6533-9fbe1405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲TOP


| HOME |

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。